スタンダードシリーズ KMB-***-B***

クランプフランジタイプとなります。モーターマウント用タップ穴加工が施されております。モーターが手軽に接続できます。
φ6㎜品のキー溝のシャフト加工は仕様外となります。

個別型式の説明
詳細説明はこちら
×

CADダウンロード

CADデータのダウンロードは会員ログイン後にご利用いただけます。

既存ユーザのログイン
   

製品スペック

KMB-006-B KMB-010-B
お引き合い お引き合い お引き合い
A [mm] 6g6-0.004
-0.012
10g6-0.005
-0.014
B [mm] 72 112
C [mm] 37 50
D [mm] 22 37
E [mm] 40 55
H [mm] 33f7-0.025
-0.050
52f7-0.030
-0.060
I [mm] 20 43
K 4-M4PCD25 4-M6深10PCD42
L [mm] 5 18.5
M [mm] 15 20
N [mm] 20 34
NW規格 NW25 NW40
シャフトオプション1   キー溝(両端)
S [mm]   16
T [mm]   2.5+0.1
0
U [mm]   4+0.040
0
シャフトオプション2 フラットカット(両端) フラットカット(両端)
S [mm] 10 15
V [mm] 0.5 1
最高回転数 [rpm] (*1) (*2) 6400 3200
定格回転数 [rpm] (*1) (*3) 4000 2600
許容アキシアル荷重 [N] (*4) 35 118
許容ラジアル荷重 [N] (*5) 35 118
質量 [kg] 0.15 0.7
起動トルク [N・m]
(*1)(*6)
0.013 0.051
許容伝達トルク [N・m] 1.4 9
  • (*1):一般真空仕様磁性流体(Aタイプ)を使用した場合の数値です。耐食仕様(Fタイプ)および低蒸気圧・耐食仕様(Uタイプ)の磁性流体を使用した場合は、別の数値となります。
  • (*2):シャフトに負荷がかかっていないときの許容回転数です。
  • (*3):許容ラジアル荷重をかけたときの許容回転数です。
  • (*4):磁性流体シールのシャフトの中心にかけることができる、最大のアキシアル荷重です。
    ラジアル荷重との合成荷重がかかる場合、または荷重点がシャフトの中心からずれる場合は、磁性流体お引き合いフォームに荷重条件を記入してご連絡ください。
  • (*5):磁性流体シールのシャフト端にかけることのできる、最大のラジアル荷重です。
    アキシアル荷重との合成荷重がかかる場合、または荷重点がシャフト端より遠くにある場合は、磁性流体シールお引き合いフォームに荷重条件を記入してご連絡ください。
  • (*6):起動トルクとは、回転始動時の最大負荷トルクのことを示します。これらは参考値であり、保証値ではありません。モータ選定の際の負荷トルクは、記載値の3倍を目安にご検討ください。

規格品共通仕様

耐真空 1.0x10-6Pa
リーク量(He) 9.9×10-11Pa・m3/sec 以下
使用雰囲気(*1) 真空中・不活性ガス中・腐食性ガス中
使用材質 ハウジング SUS 304
シャフト SUS 630
ボールピース SUS 630
ベアリング SUJ2
Oリング FKM
ベアリング潤滑 真空側:フッ素系真空グリース
大気側:防錆剤入り汎用ケース
標準附属品(*2) Oリング
ワッシャおよびナット(LSBシリーズ)
  • (*1):腐食性ガスのご使用の場合は、耐食仕様または低蒸気圧・耐食仕様の磁性流体をご指定ください。
    また、ガスの種類および使用環境によっては、別途対応する必要がございます。弊社営業まで使用環境をご連絡お願いいたします。
  • (*2):付属Oリングサイズは各機種の詳細ページにございます。
    また、LSBシリーズには取り付け用ワッシャおよびナットが付属いたします。
このページの先頭へ